チタンティップのエリアロッドを自作してみる〜実釣編〜

チタンティップのエリアロッドを自作したので早速釣りをしてきてみました!

タックル

ロッドは自作ロッドで元はスズキブランクス RXF-4LB-602で、チタンティップを12cmほど追加しているので全長は6.4ftくらいになります。

ブランクスの元々のテーパーはファーストですがチタンティップを繋いだことでレギュラーファーストくらいになっています。

狙いとしては

  • チタンティップでバイトの追従性と感度を高める
  • ティップが入ったら硬いベリーとバットで掛けにいくことができる
  • 全体的に張りを強めにしてスプーンの操作性を良くする

という感じです。
実釣で上記が満足できるかどうかですね。

リールはプレッソLT2000Sでラインはエステル0.4号、リーダーがフロロ0.6号です。
(ロッドが今までよりも柔らかいのでエステル0.3号にしても良いかも)

created by Rinker
¥39,963 (2024/06/18 00:26:47時点 楽天市場調べ-詳細)

実釣

早速エリアに来てみました。
時期的には良さそうですのでまずはノア1.8gから。

created by Rinker
¥495 (2024/06/18 00:26:47時点 楽天市場調べ-詳細)

1.8gでもロッドが負けることがなく飛距離も十分ですがキャストフィールは60点くらい。
チタンティップを継いでいるので少し曲がりに癖があります。(慣れれば問題ないと思います。)

また、アジング用の小型ATガイドを使ったのでガイド抜けは微妙です。
キャストには問題ないですが弛んだラインは引っかかるくらいでした。

その分ロッドも軽く、チタンティップも柔らかさと感度があるので使い勝手は良さそうです。

ノア1.8gを巻いていると少しテンションが抜けるような違和感を感じたので合わせを入れてみました。

いきなりキャッチできました!
しかも今までのロッドでは取れていなかったかもしれない小さい当たりを掛けることができたので満足です!

自作ロッドということもあり、強度が心配でしたがファイトも全く問題ありませんでした。

その後も数尾釣りましたがロッドに問題無し。

サイトでの魚だったり、落ちパクだったりしたので感度についてはまだ未知な部分が多いですがバラシは無かったので張りはありつつもしっかり曲がって魚をいなせるロッドになっていました。

今回は渋かったのであんまりテストになりませんでしたがまた次回自作ロッドを使ってみようと思います。
とりあえず使えるロッドになっていそうなので良かったです。

まとめ

自作ロッドで実際に釣りをしてみました。

強度面が不安でしたが全く問題無く、当たりもしっかり取ることができたのでひとまず最低限のロッドとしての役目は果たせそうです。

もう少し使い込んでみてロッドの良し悪しを見てみるつもりなのでまた釣行記事の方にまとめたいと思います!