スプーン縛りのエリアトラウト!チューブラーロッドを試す!2024年4月6日釣行記

前回のエリア釣行後に中古でロッドを1本買って使っていない状態だったので久しぶりにエリアに行ってきました。

8時スタート

使用タックルはこちら

 

ロッド ヴァルケイン ダーインスレイヴ ブラックヴェスパイン61UL-H
リール ダイワ プレッソLT2000SS-P
ライン エステル0.3号
リーダー フロロ 2lb

追加したロッドはダーインスレイヴ ブラックヴェスパイン61UL-Hです。

今まで先調子のソリッドティップであるゼロアーマー60ISSを使っていましたがティップが柔らかいチューブラーを使ってみたいと思ったので中古で購入しました。

また、ゼロアーマーはロッドが強いのでエステル0.4号で1.8gのオリジナルサイズのノアをメインに使っていましたが追加したロッドはULなのでエステル0.3号で1.2gのノアjrやハイバースト1.3gをメインにしようかと思っています。

というわけでハイバースト1.3gからスタート!

赤金で難なくキャッチ!
朝一なのでアタリはそこそこ出ますが数回で続かなくなるのでルアーローテ!

ノアjr1.4gにしてみます。

カラーを変えればアタリは出ますが続かない状況でした。

その後もノアjr1.2gに落としたりカラーローテしたりで数尾追加

その後は続かなくなりポイント移動もしてみましたがイマイチ。。。

たまに当たりますが規則性が無く、パターンのようなものはない状態です。

また、今まで取れていた小さいアタリが取れないので
「今までは1.8gで動きの大きいスプーンを使っていたので抵抗が抜けたり違和感を感じやすかったが今回は1.4gの小さいスプーンでそもそも抵抗が少ないので当たりが取りづらいのでは?」という仮説を立てました。

重め、激しめのスプーンを置いてきてしまったので友人にフォレスト パル1.6gを借りてみることに。

パルはロッドティップで抵抗を感じられるのでラインテンションが抜けるような当たりも取りやすくなりました。

アタリは少ないんのですがいざ当たるときは大き目にゴンッと入って弾くことが多かったのでラインをナイロン3lbに変更してみました。

これがかなり効いて数尾追加!

ナイロンだと魚が咥えている時間が長くなるので「あ、今当たった、、、けどもう遅いか」と思ってロッドを立ててもまだアワセが間に合う、というケースもありました。

ナイロンでも感度は損なわれず、むしろ咥えている時間が長いおかげでアタリが取り易くて釣りやすい状態でした。

パルとナイロンに変えて数尾釣った後は一旦休憩!
渓流に行くかも、と持ってきていたフライロッドで1時間くらい遊んで再度スプーンの釣りを再開しました。

まずノアjr1.4gで。

ラインをナイロンに変えたことでアタリを取りやすくなり開始時のよりも連発して追加できました!

その後もポツポツと追加し5時間で納竿としました。

結果は22匹!

もう少し釣果を伸ばしたかったですが。。。
朝一からナイロンを使っていれば30くらいまでは伸ばせたかもしれませんが、今回は当たりが大きかったのでナイロンが良かったものの、もっと活性が落ちてアタリが出にくい状況で掛けるならエステルが良いと思うのでタックルバランスというより状況判断が出来なかったのがダメでしたね。

まとめ

ロッドはかなり良さそうなのでまだまだ使い込んでみようと思います。
難しいロッドだとは思いますがアタリを掛けられた時の釣った感が気持ちいいロッドなので使いこなしたいですね。

ナイロンでアタリが取りやすいことが分かったので次回はオリジナルのノアなども使ってみようと思います。